Benefit

精度

デジタルインプレッションの精度は修復物のクオリティーを左右する一因となります。CERECオムニカムやCERECブルーカムでは精度の高い画像と計測精度を実現しています。*

* Result of a study by Prof. Dr. Mehl (Zurich University, 2008): Accuracy of depth measurement: 19 µm with CEREC Bluecam.

シンプルな使用方法

形成・印象採得・送信―デジタルインプレッション採得はシンプルかつ容易に現在の診療スタイルに取り入れることができます。修復物のデザインや製作はご自身で選択されたラボで行います。

 

デジタルインプレッションは時間と労力が削減できます。データ採得では、形成部位と隣在歯・対合歯の情報のみ採得し、患者さんにも負担を与えません。

将来的

歯科のみならずメディカルの分野におけるデジタルテクノロジーは最先端の治療法という言葉の代名詞であるとも言えます。

シロナではこの分野で28年以上の経験と実績を蓄積し、歯科におけるデジタルテクノロジーの発展を専門的に行ってきました。その結果、高精度・高品質の修復物が製作できるシステムということが多くの科学的論文によっても立証されています。これまでにシロナデジタルインプレッションテクノロジーを使用して3200万以上の修復物が製作されています。

カメラにおいては幅広い試写界深度、マージンラインの詳細の再構築、自動キャプチャー、ブレのない画像によって初心者の方でもクオリティーの高い印象採得を可能にします。
瞬時に3Dプレビューで画像を確認することによってデジタル模型のクオリティーを高めることができます。
従来の印象採得に比べデジタルインプレッションでは印象材による変形や収縮などに左右されずエラーを最小限に抑え、最終修復物の精度を高めます。

* CAD/CAMに関する科学的研究はクリニカルスタディカタログを参照ください

カメラにおいては幅広い試写界深度、マージンラインの詳細の再構築、自動キャプチャー、ブレのない画像によって初心者の方でもクオリティーの高い印象採得を可能にします。
瞬時に3Dプレビューで画像を確認することによってデジタル模型のクオリティーを高めることができます。
従来の印象採得に比べデジタルインプレッションでは印象材による変形や収縮などに左右されずエラーを最小限に抑え、最終修復物の精度を高めます。

患者満足度

印象材を必要としない治療は快適性(嘔吐反射防止)や治療時間の短縮をもたらします。
シロナコネクトでのデジタルインプレッションはハイクオリティな修復物を求めている患者層のニーズにも応えられ差別化や患者満足度向上に役立ちます。

ダイレクトにコミュニケーション

セレックコネクトソフトウェアとシロナコネクトは歯科医院とラボのコミュニケーションを円滑に行えます。
一度登録を完了すればソフトウェアを使用してコミュニケーションをとることができます。
模型データは数分で送信でき、ラボで詳細を見る事ができます。
患者の口腔内より採得した高精度なデジタルインプレッションは瞬時に模型データに瞬時に変換され、技工士が即時に作業を開始することができます。これにより、患者さんがユニットに座っている間に医師と技工士がその場での意見交換も可能にします。